制定後既に数十年経過

利息制限法について〜利息制限法を改正

1397213696505
利息制限法とは制定後既に数十年経過していますから法の改正もされてきました。
時代の流れも日々変化しているので、法律もその流れと同様に改正されています。
元の利息制限法は改正しなくてはいけない状況だったのです。
元の利息制限法は様々な矛盾点がありました。
利息制限法にはあらかじめ上限金利が決まっていましたが、これを上回るお金を支払った場合にどうなるのかと言いますと…改正される前は取り返す事が出来ないものだったのです。
すると上限金利を決めているはずの、利息制限法が何の意味も無くなってしまいます。
ですから、元の利息制限法はいずれは改正されなければいけないものだったのです。
そうして改正後には過払いの分は元金返済へ充てられる様になり、また既に返済が終了している場合には、返還請求が可能となって、今の利息制限法となったのですが、この法律は制定された時には4条しかない小さなものでした。
これが平成へ入り、新たに改正を経て9条になり、時代の経過と共に利息制限法も何十年かけて改正をし現在に至るわけですね。
では、平成からどんな部分が改正されたのか?
についての詳細ですが…こちらは皆さんご自身で是非お調べして頂きたいと思います。
利息制限法は改正を繰り返し、その時代に合った法へと変化してきましたが、改正しているのは利息制限法だけではないようです。
これ以外には改正貸金業法が施行…年収三分の一の借入しか出来なくなり、改正貸金業法の影響を受けグレーゾーンも無くなったと耳にしましたが、これは確かな情報なのか…。
利息制限法と同様に、改正貸金業法に関してもご自身で色々調べてみてください。
グレーゾーンが無くなれば、利息制限法で定めている利率を元に上限金利を決定するとなると…出資法自体も無意味になる様な気もします。
私から言わせてもらえば「利息制限法・出資法」この二つの法が同時に存在している事が、ややこしさを作っているのだと思いますが…利息制限法改正に関しては、私自身も詳細までは把握出来ていませんので、気になる方は住宅ローン借り換え ホムロンで調べてみると良いと思います。
利息制限法〜計算式って??
利息制限法の利息計算式に関する方法を、ネット検索している時に発見しました。
この「利息制限法」は見たまんまですが利息の上限を制限する為の法ではありますが、実際にはこれに反した場合であっても何か罰が与えられるとかはないらしいのです。
そんなんでは仕事中にサボっている部下を注意出来ない上司と同じく、他の人達だって従わなくなるでしょう。
そして、業者は「利息制限法」ではなく「出資法」と呼ばれる法に従っていて、この法は利息制限法と同様に出資法も利息上限がありますが、利息制限法より出資法の利率が実は高いのです。
でも、どうして類似しているこの二つの法律が存在しているのか?

そういった事で利息制限法で定められている利率を超えた場合に「グレーゾーン金利」というものが登場します。
もしも利息制限法での利率を超えたグレーゾーン金利での利息を払った場合には、返還請求が可能となりますから、しっかり計算しておかなければいけません。
利息制限法の計算式に関してネット検索で発見したという事についてですが、この計算式はダウンロード形式でしたから、とりあえずはとダウンロードしたのです。
エクセル形式で使用説明も添付されていて、計算していくには、利息制限法の過払い率6%&5%の計算式を使用しますが、商法の場合には6%・民法は5%らしいですが詳細は確認してください。
この計算式のエクセルがあればややこしい計算だって直ぐに済ませる事が出来ます。
もしも過払い請求を行う場合に、どれだけ返還されるかを計算式で大体は分かるはずです。
ですが、この計算式をダウンロードはしたんですが…私にはちょっと難しいですね、私自身がグレーゾーン金利での借金をしてはいませんから、この計算式の必要性がないのです。
けれど、仮に借金をして悩んでいるとしたら自分であれこれするよりは、司法書士・弁護士さんを頼ると思います。
あちらはプロですからね。
あなたならどうしますか?
自分でどうにかするのでしょうか?
どちらにしてもこの「利息制限法」の計算はきっちりしなくてはいけない部分ですよ。

新着情報

◆2014/04/11
制定後既に数十年経過の情報を更新しました。
◆2014/03/03
借金をしているという人・していない人の情報を更新しました。
◆2014/03/03
利息制限法について~上限金利とはの情報を更新しました。
◆2014/03/03
東京スター銀行のおまとめローンの情報を更新しました。
◆2014/03/03
フリーローンを複数利用の情報を更新しました。